夫の浮気

 

夫の浮気で離婚を考えるなら損得計算は必須です。特に専業主婦の場合、離婚は人生に大きな影響を与えます。夫の不倫で離婚を考えるなら妻として請求できる権利を知っておきましょう。

夫に浮気されている妻がそれを理由に離婚を考えることは珍しくありません。実際、離婚の原因として浮気や不倫はその割合が非常に高く、離婚する夫婦の多くは旦那、もしくは妻の浮気や不倫が原因で離婚しています。

もし夫の浮気が原因で離婚する場合、その後のこともしっかり考えなければなりません。特に損得計算は大切なことです。

 

夫との夫婦関係を改めて考える

夫に浮気されたとなれば腹も立ちますし、すぐに離婚だと考えることも多いでしょう。ただ、本当に離婚を考えるなら改めて夫婦関係について考えることも必要です。

たとえば、なぜ夫は浮気をしたのか、浮気相手を本当に好きになっていて自分にはもう気持ちがないのか、一時的なもので夫は離婚したくないと思っているのかなど、夫婦間で話し合うことも大切です。

妻である自分自身も浮気の発覚直後は離婚したいと考えても、実際には離婚したくないと心のどこかで考えているかもしれません。後で後悔しない、つまりは損をしないためにも早期に決断を下すのではなくゆっくり考える時間を作るのも悪くはありません。

 

浮気相手への慰謝料の請求

不倫が原因で離婚をする場合、その相手へと慰謝料の請求ができるケースがあります。相手が、夫が既婚者だとまったく知らなかった場合、たとえば夫が独身だと嘘を付いていた場合などは慰謝料を請求することも難しくなるのですが、既婚だと知りながら不倫関係を持った場合は慰謝料が請求できます。

お金の話をするのは抵抗がある、という方もいるかもしれませんが慰謝料の請求は認められた権利ですし、今後の生活を考えてもお金は必要になります。どのくらいの金額を請求するかは相場の範囲内に収めるのが一般的ですが、具体的にいくら請求するか、また慰謝料の請求自体をするかどうかも含めて考えましょう。

自分1人では決められない場合、弁護士に相談するのも良い方法です。法律の専門家である弁護士にアドバイスをもらえれば対応もしやすくなります。

 

夫との財産分与について

離婚するとなると財産分与についても考えなければいけません。夫の浮気が原因で離婚する場合、過失は夫にあるのですから財産分与の面でも妻である自分が有利になるだろう、そう考えてしまいがちですがそうではありません。どんな理由であっても離婚時の財産分与はお互いの財産を完全に2分割されます。

極端な話、妻が働いていて夫が主夫をしていて収入に格差がある場合でも財産分与は平等に行われるのです。せっかく苦労して得てきた財産を浮気した夫に半分持って行かれてしまう、それなのに夫から受け取れる財産はほとんどない、なんてこともあり得るわけです。

不公平な感じもありますが、離婚の原因と財産分与は分けて考えることになっていますので注意しましょう。

損得計算の必要性

離婚をしたいと思った時、多くの人は細かいことはいいからとにかくすぐに離婚したいと考えます。そのため特にお金の話はあまり具体的に決めないまま離婚の手続きを進めてしまうことがあるのですが、お金は非常に重要なものです。

離婚してからの生活もありますし、損得計算をするのは決して悪いことではありません。慰謝料や財産分与などの話は旦那としっかりしておきましょう。

浮気された場合は財産分与に加えて慰謝料の請求も出てくるので大変ではありますが、たとえ面倒でもお金のことに関してはしっかり決めておかないと後でトラブルに発展する可能性もあります。

夫の浮気が原因で離婚をする場合、お金のことも含めて損得計算をしながら離婚の話を進めるようにしましょう。
損得で離婚するわけではないと言ってもやはり重要な部分です。特に自分が損するかもしれないと考えるとしっかり対応して自分に損がないように動くことは必要です。