親権

浮気が原因の離婚で親権を争うことはめずらしいことではありません。子供に悲しい思いをさせる時間はできるだけ短くすませたいものですね。

この記事は、「親権がどうゆうものか」をわかりやすくするために、妻(母)が浮気したという筋書きで説明をすすめていきます。

ご一読いただくと、親権についての知識が深まるとともに、親権が母親に渡りやすい理由がご理解いただけると思います。
 

 

妻が浮気した場合の親権

妻が浮気をして離婚するケースで夫が親権を主張したなら、心情的には夫に親権が渡りそうな気がしませんか?

しかし、実際はそうではありません。親権は浮気問題と無関係なのです。親権で最優先させるのは「子供の幸せ」であり、浮気問題は関係ないのです。「どちらの親と一緒にいたほうが子供が幸せか」を考えて、親権者が決まります。

極端な話、母親が何らかの理由で浮気をしても親権を主張する権利は当然あります。

離婚と親権

浮気に限らず何らかの事情で協議離婚する場合、未成年の子供がいる場合には親権者を決めなくていけません。離婚届に親権者を記入しない限り役所でも離婚届は受け付けてくれません。

つまり、親権者が決まるまでは離婚できないということなのです。

妻と夫で親権を争う場合の流れ

夫と妻の双方が親権を強く主張した時の大きな流れは決まっています。

「協議」→「調停」→「審判」→「訴訟」

という流れで話し合いの場が持たれます。

1)協議
まずは、協議で和解できる解決策があるかどうかを話し合います。

和解策の一例としては、財産監督権と身上監護権を夫婦で分け合うという方法 があります。仕事が忙しい父親は子供の面倒を見れないので「父親が財産監督権」を子供のお世話ができる「母親が身上監護権」をというパターンが多いですね。

ただし、これは父と母が子供に対する「権利」をもつという解決法ではありますが、親権を得て子供と一緒に暮らしたい  という気持ちの面では折り合いがつかない場合も多いです。

2)調停
協議で問題が解決できない場合は、調停に進みます。
本人同士が話し合っても解決しないので、裁判所が判定を下すという場に移ります。それでは、いざ調停となった時に、裁判所が何を重視して親権者を決定するのかをみていきましょう。

裁判所の評価基準

裁判所というと正義のミカタのイメージがあり、浮気したほうが悪者になると思う人もいるかもしれません。
でも、最初にお話したとおり、浮気問題と親権は無関係 なのです。

妻が浮気をしていてもそれだけでは親権に置いて不利になることはありません。また、夫に有利になることもありません。

夫としては、妻の浮気が原因で夫婦関係が破綻した責任を追求したくなるかもしれませんが、これは別の場で話し合う問題です。親権を得るために浮気した当事者を悪者にすることは無意味です。倫理的な観点がそのままあてはまらないことを知っておきましょう。

親権を得るためには?

調停で勝利して親権を得るためには、親権に関する裁判所の評価基準を知っておくことです。努力の方向を間違えないようにすることが大切です。

妻が浮気をしていて夫婦関係が破綻した場合でも、子供が小さい場合は、過去の養育実績から妻に親権が渡るケースが非常に多いです。もし、夫が親権を得たい場合には、裁判所の評価基準に基づいて努力していく必要があります。

親権を勝ち取るために知っておきたいポイントをまとめておきます。

「子供の幸せを基準」に評価

裁判所が重視するのはあくまでも「子供の幸せ」です。
「どちらの親と生活をともにするのが子供にとって幸せか」という観点から評価して親権者を決定します。

妻が浮気をして離婚にいたったのに、夫に親権が渡らないケースが多いのは、妻の過去の養育実績が評価されるためです。妻が不倫しても、家庭で中心になって子育てをしていれば、子供の生活環境に重きを置いて親権が妻に渡る可能性が高いのです。

この点から考えると、もし、妻が子供を放置して浮気相手のもとに行っていたと証明できれば、夫に有利になる可能性はあります。
子供が学校に行っている間に浮気していたのと、育児を放棄して浮気していたのでは評価が全く変わるからです。

収入の多い少ないは重視しない

夫が「私のほうが妻よりも収入が多い」という主張するケースも多いのですが、これだけで親権を勝ち取るのはなかなか難しいです。

親権で重視されるのは、経済的な豊かさよりも、まず、精神的は豊かさです。

「自分なら、経済的な幸せを与えられる」と主張しても、それだけでは、裁判所から「あなたが養育費を払えばいい」といわれてしまいます。

経済的な豊かさは子供にとってもちろん重要なのですが、養育費の支払いで解決できる問題ともいえるのです。つまり、夫が親権を勝ち取りたい場合は、「子供が得られる経済的な豊かさにプラスして精神的な豊かさ」をよりアピールする必要があるのです。

夫は親権を得ることはできないのか?

では、夫は親権を勝ち取ることはできないのでしょうか?
裁判所が過去の養育実績が評価するため、子供が小さい場合は、夫が親権を得ることは難しい傾向にあります。ですが、完全に無理なわけではありません。

もしかしたら、子供を置いて浮気相手のもとに行っていることも多いのかもしれません。

親権を得るために浮気調査を行って裁判用の資料を準備しておくのはおすすめです。
例えば、

  • 妻は子供を置いて浮気相手のもとに行っている
  • 妻が浮気相手と新生活をはじめた場合には子供の環境が著しく悪くなる

これは一例ですが、妻が子供に及ぼす精神的および環境的な悪影響を証拠をつかんで証明するのです。
探偵という第3者の調査から証明するのがベストですね。

調査をしたからといって親権が確実に得られるわけではありませんが、子供を任せて安心かどうか確かめることに価値はあるでしょう。