探偵というと「何だか怪しい」というイメージをお持ちの方もいると思います。しかし、最近では法律の施行により、消費者が安心して調査依頼をできる環境が整えられつつあります。

ここでは、探偵に関する法律、「探偵業法」について説明します。これがわかると悪徳な探偵が減ってきている理由も納得いただけると思います。
 
探偵業法

探偵業法とは?

現在では探偵業法が施行されて消費者が安心して利用できる環境が整えられつつあります。

当サイトでおすすめしてる原一探偵事務所は探偵業法を遵守している探偵事務所です。
テレビ番組では人探しで捜査協力という形をとって登場することが多いですが、実は、浮気調査で利用している人が多い探偵でもあります。

【参考記事】
原一探偵事務所の評判

近年、悪徳探偵が減っている理由

探偵業法は、平成19年(2007年)6月1日から施行されていますがその目的は

  • 探偵業に必要な規制を定めること
  • 調査業務の運営の適正化
  • 個人の権利利益の保護

となっています。

探偵業法が施行される前は、悪徳な探偵がいたのも事実です。ですが、探偵業法が施行されてからは悪徳な探偵は減ってきて、不透明だった探偵や興信所の料金も透明化されてきました。
現在では調査力があり、組織として機能している探偵事務所(探偵社)や興信所が残る傾向にあるようです。

それでも、消費者センターへのクレームがゼロというわけではありませんが、減ってきているというのも事実です。客観的にみて探偵業法を遵守している探偵事務所や興信所を選べば、調査依頼も安心できる環境になってきていると言えるでしょう。

探偵や興信所は個人でも利用できる?

探偵や興信所はもちろん個人でも利用できます。その証拠に、現在の探偵の主力の調査は「浮気調査」です。
原一探偵事務所で確認したデータですと、およそ80%が「浮気調査」なのだそうです。

事件に発展する前で警察が介入できない

  • 浮気調査
  • 家出人・行方不明調査
  • 盗聴器調査
  • ストーカー調査・対策

など、広く調査業を行っているのが探偵です。

調査のレベルや料金はどこも同じ?

探偵業法でも、調査のレベルや料金体系までは規制していません。
悪徳な探偵が減ってきて、業界が健全化されてきているのも事実ですが、調査のレベルや料金にはバラつきがあります。

最終的には複数の探偵を比較して、納得がいくところを選ぶ必要があるでしょう。