妻の浮気で悩む夫

 

妻が浮気をしていて離婚を考えている、こうした男性は決して珍しくありません。不倫が原因で離婚を考える場合、どんなことを覚えておく必要があるのか、またどんな点に気を付けるべきなのか、このあたりを知っておくことは大切です。

スムーズに離婚するためにも、妻が浮気した場合の対応を把握しておきましょう。
安易に離婚となると、金銭的に夫の負担になる場合もありますから要注意です。

ます、浮気しているかを調査する

まず、妻が浮気しているかもしれないと感じた時は、本当に浮気しているのかを調査する必要があります。自分の思い違いで実は浮気していない可能性もありますし、もしそうであれば離婚しようと考える原因そのものがなかったということになります。

浮気調査をしてくれる探偵などもいますから、自分で調査するだけではなく、必要であれば探偵を雇って調査をしましょう。これならより確実で浮気しているか、していないのかを明らかにできます。

また、なぜ妻が浮気しているのか、その原因も探りましょう。もし浮気の原因が自分にある場合、自分自身が変わることで妻の浮気をやめさせ、離婚を回避できるかもしれません。完全に気持ちが離れてしまっていて離婚の決意が固いなら別ですが、できれば離婚したくないという時は妻の浮気の原因を知ることも大切です。

妻の浮気の証拠を集める

妻の不倫が原因で離婚を考える場合、やはり重要になるのが証拠です。妻が浮気をしているから離婚したいと言っても証拠がなければ意味がありません。他の男性と会っている時の写真など、決定的な証拠があれば離婚する際も自分の主張を通しやすくなります。

浮気調査をする最大の理由はまさにこの証拠を集めるためで、自分で証拠を集めるのはなかなか難しい作業ですから、やはり探偵が非常に役立ちます。妻を尾行する必要なども出てきますが、これを自分でやるのは非常に大変です。

妻が離婚に応じない場合、調停などで争う可能性もあり、こうした時に証拠が必要になります。お互いに離婚したがっていてすんなり話がまとまれば証拠がなくても大丈夫かもしれませんが、こうしたケースは多くないのでしっかり浮気の証拠を集めましょう。

慰謝料について考える

妻の浮気が原因で離婚する場合、夫は妻に対して慰謝料を請求できます。離婚の際は慰謝料を請求するかどうか、請求するなら金額はどのくらいかも考えておきましょう。とにかくすぐにでも離婚したいという場合、揉めるのを避けるために慰謝料を請求しないこともありますが、一般的にどちらかの不倫が原因で離婚する場合は慰謝料を請求します。

具体的な金額についてはある程度自由に決めることができますが、一般的な相場からかけ離れていると受け取るのは難しくなります。慰謝料は相場の範囲内で収めて請求するのが普通ですから、慰謝料の相場についてもしっかり確認しておきましょう。

また、妻の浮気が原因であっても離婚するとなれば財産分与が発生します。財産分与はお互いの財産をきっちり折半することになるので、離婚された側だからといって有利になるわけではありません。

本当に離婚すべきかよく考える

最後に、本当に妻と離婚すべきかどうか、これを改めて考えていきましょう。不倫されたということで不快な思いをするのは間違いありませんし、もう夫婦生活を続けられないと考えるのも自然です。ですが不倫された直後はどうしても感情的になっていますし、時間が経てば気持ちが変わる可能性もあります。後で後悔するなんてことにもなりかねません。

離婚は場合によっては揉めることもあり、調停で長い間争わないといけないこともあります。心身共に大きな負担になるものですから、安易な気持ちで離婚を考えるのはあまりおすすめできません。なぜ離婚したいと思うのか、そしてその気持ちはもう変わらないのか、このあたりを自分自身もう1回考えて、それでも離婚するべきだと考えたら準備に入りましょう。

妻の浮気は離婚の原因によくある理由の1つです。離婚するのは決して難しくない、そう考える方も多いのですが実際には色々とやるべきことがあり、大変な作業になります。離婚を決意したからにはスムーズに離婚するためにもやるべきことについてしっかり抑えておきましょう。