ボイスレコーダーの音声は浮気の証拠になるか?

 

ボイスレコーダー(ICレコーダー)は手軽に録音できるし、安いものなら3千円程度で買えますし、スマホにだって録音機能がありますから、会話を録音して「音声で証拠」を作るのも簡単ですね?

でも、ボイスレコーダーで証拠をとるには要注意事項があるのです。これを知らないと、有利な立場に立つつもりが思わぬピンチを招いてしまうので注意してくださいね。

「もう、離婚してやる~!慰謝料をとってやる~!」

もしあなたにこんな気持ちが少しでもあるのなら、このページにひと通り目を通してから、行動に移すことをおすすめします。

下手にボイスレコーダーを使って、浮気された上に損をしないように要注意です。

 

ボイスレコーダーの音声は間接証拠(状況証拠)

 

出だしから最重要事項です。

証拠には、間接証拠(状況証拠)と直接証拠の2種類があるのを知っていますか?

ボイスレコーダーの音声は間接証拠(状況証拠)と言われるもので、直接証拠ではありません。

直接証拠というのは、明らかに不貞行為を証明できるもので、ラブホテルから浮気相手と出て来る写真がその代表的なものです。
簡単にいうと、言い訳ができないレベルの証拠ということになります。

ボイスレコーダーの音声に証拠能力がないわけではないのですが、離婚を前提に慰謝料請求まで考えているならこれだけでは弱いです。

例えば、パートナーを問い詰めて許可なく録音した音声を聞かせて

「あれこれうるさいから、面倒だからああいったんだ。浮気はしてない」と言われればそれまでです。

ボイスレコーダーのような間接証拠は、他の証拠と合わせて不貞行為を立証する必要が出てくる可能性があることを覚えておきましょう。

音声証拠だけで裁判に勝てると思ってしまうと危ないです。

 

証拠集めの暴走にも要注意

 

「カバンの中にボイスレコーダーを仕込むのはどう?」

証拠を集めることにだけ意識が集中すると、こんな感じでいろいろなアイデア(?)が浮かぶと思いますが、自宅の枠を超えると夫婦間の問題を超えた音声を拾ってしまうことになります。
法的な問題であなたが不利な立場になる可能性もでてきます。

ボイスレコーダーはあくまで間接証拠なので、危険をおかしてもその価値は低いです。
やり過ぎは、あなたの損になります。

 

慰謝料の請求まで考えての行動なら、証拠の集め方、個人としてどこまでやるべきかを、調査のプロに相談しておくのが賢明でしょう。

特に、感情が暴走しそうになっているのなら、冷静になる意味も含めて相談してみるといいですよ。

探偵の無料相談がいろいろありますが、イチオシは原一探偵事務所です。

ここは弁護士からの推薦もあるレベルなので、証拠集めに関して無料相談を超えた価値を提供してくれますよ。

 

直接の話し合いでは音声の録音は必須!

 

ボイスレコーダーは、浮気に関する直接の話し合いの場では必需品です。

「あの時はああいったのに・・・」あとから悔しい思いをしないためにも、浮気相手と話し合いをする時にはボイスレコーダーを持参して録音する旨を告げてから使いましょう。

「お互いのために言った言わないを防ぐために録音させて欲しい」といえば、お互いのメリットにもなることですから許可ももらいやすいですよ。

例えば、慰謝料の支払いを約束したら口頭でも契約として有効なので、音声として証拠を残すことに価値がでてきます。

 

証拠にするなら常時録音が基本です

ボイスレコーダーは、常時録音させておくのが基本です。

重要なところだけ録音するよりも、会話の流れなどが重要になってくる場合もあるので会話は全てを録音しておくようにしましょう。

 

録音した音声の保存に関して

 

 

録音した音声は破損による紛失を防ぐために、定期的にPCに移動させておくのがおすすめです。

さらに、浮気をしているパートナーと同居してい場合には、証拠を消そうとする可能性があるので、バックアップを取っておくと安心です。

ボイスレコーダーに入ってるものが思いがけない結果につながることは少なくありません。
浮気の話し合いなどの大事な会話は、了解をとって積極的に録音しておきましょう。

それから、ボイスレコーダーをこれから購入する場合には、あまり安すぎるものだとちゃんと録音できなかったり短時間しか録音できないといったこともあるので、買う時には使い方や特徴などをよく比べて選ぶ必要があります。